筋肉が衰えていることで目の下にたるみが出る

目の下がたるむのには原因がある

こんな人は要注意

同年代でも目元がたるんでいる人とそうでない人に分かれます。原因として考えられるのは目元の下にある筋肉が衰えていることです。年齢が上がるにつれて筋肉も細くなりますから、それがたるみを引き起こすといわれています。

紫外線

当然ですが何もケアをしていない場合、目元もたるんで老けたようになります。また紫外線に当たりすぎると肌の弾力とハリが失われるため、クリームを使ったケアが重要になります。

乾燥によるたるみ

肌に潤いがない状態だとしわも増えますし、早い年齢からたるんでしまいます。潤いが不足していると目元全体が暗くなってしまうため、クリームを使って水分補給をしましょう。

アイメイクのしすぎ

10代20代で目元にしわやたるみが生じている場合は、アイメイクのし過ぎが原因かもしれません。アイメイクを落とす時もゴシゴシと無駄にこすってしまいがちになるため、負担も相当です。薄めのアイメイクにしてサッと落とせるレベルに留めておくと、たるみを防ぐことができます。

みんなココが気になっている

目の下のたるみを予防する化粧品はありますか

アイクリームがそれに該当しますが、普段から使うメイク道具も保湿が含まれる化粧品やブラシ、スポンジの質に気を付けるべきでしょう。たるみを隠す時に不可欠なのがコンシーラーなので、美容成分が含まれているものだとなお良いです。

マッサージは効果ある?

クリームを使いながらマッサージを行なうのは全然アリです。むしろ、外側と内側から働きかけるので効果を前面に引き出すことができるでしょう。ただ、やり過ぎるとたるみが悪化するのでほどほどにしてくださいね。

クリームが全然効きません

有効成分が配合されているのでどうしても効果を期待しますが、日ごろから夜更かしをしているとたるみやすくなり目元から老けてしまいます。そのような生活だとクリームを使っても改善は見られません。

どのタイミングで使用しますか

化粧水を塗った後に美容液、クリーム、アイクリームの順番が理想的です。また洗顔の時点で毛穴の汚れをしっかり落としておくとアイクリームの浸透性がアップしますよ。

10代でもケアをすべきですか

乾燥のせいでたるんだりしわになったりすることもあります。そのため、気になる症状が出ているうちにケアをする必要がありそうです。また若いうちから行なうと歳を取っても若々しさが保てます。