クリームで予防して老け顔を卒業

新着情報

目元美人になるためにしたい事

30代40代に相応しいクリーム

年齢と共に出てくる目の下のたるみ。加えてくまやシワが出現するから厄介です。40代を境に出てくるこうした目元のトラブルは、美容液が配合されているクリームでのケアが必須です。老けた印象がなくなり次第に若々しい目元に生まれ変わりますよ。

しっかり保湿ができる

目元にハリがなくなると、一気に老けた印象になります。この部分に潤いを与えることでたるみの原因となる乾燥を防ぐことができます。元々乾燥肌の人は保湿成分がぎっしりと凝縮されたクリームでケアをしましょう。

キメが整う

独自に開発した目の下のたるみを取るクリームには肌のキメを整える成分が含まれています。年齢による目元のかさつきからざらつきも、この効能があれば自然となくなっていくでしょう。

ハリが出る

目の下のたるみが発生する要因としては、顔全体が下がってきているからです。ハリを与えるクリームを毎日使うことで弾力が生まれ、年齢を感じなくなるぐらいに回復します。

アイクリームはココに注意して選びたい

no.1

使用感に注目

目元のトラブルを払拭するには、含まれる成分にも注目すべきですが、使用感も注意したいところです。いくら有効成分が含まれているとはいえ、あまりにもベタベタしたクリームは気持ち悪いだけです。ずっと使い続けられるものは保湿によるベタベタ感がなく一日中サラサラです。

no.2

コスパは必ずチェック

効果があるものは、値段も上がりがちです。最後は、負担が大きくなりクリームの使用をやめる羽目になるでしょう。目元のケアで一番重要なのはケアを続けることなので、財布が嫌がらない価格のものを選定しましょう。

no.3

悩みに合ったものを

目元に使うクリームを購入する時にチェックしたいのが、成分です。例えば、たるみを軽減するなら乾燥を防ぐもの、目元にハリを与えるならこの成分といった具合に、今欲しい成分が入っているかチェックすると肌に合う商品が見つかります。

no.4

伸びの悪いクリームはダメ

目の下は薄い皮膚に覆われているので、ちょっとした刺激にも敏感です。そのため、伸びにくいクリームを使うと摩擦で負担がかかりくすみの原因になってしまいます。クリームを選ぶ時は、サッと伸びる使い勝手の良いものを選びましょう。

no.5

安すぎてもダメ

長く続けるにあたり気になるのが、値段なのでなるべく安いクリームをと考えますが、あまりにも安すぎる商品は肌に良くない成分が含まれている確率が高いため、たるみをより一層ひどくします。添加物が大量に入っている商品程、その傾向があるので十分注意しましょう。

リップティントの使い方を徹底解説!
時間が経っても落ちない化粧品が登場♪クマの種類や効果的な治し方とは?
上手くカバーできる方法を解説!モデーアの商品を生活に取り入れよう
優良アイテムを厳選まとめ☆エトヴォスのミネラルファンデーションの口コミを掲載!
カバー力が高い☆

効果の出方と使うタイミングとは

いつ頃使うと良いですか

目安としては30代になってからです。この年代になると日ごろの疲れが目元に現れ始めるので、メイクでは誤魔化しきれなくなります。

クリームの量はどのくらいが最適?

一気にドバっと使うのではなく、少量を手に取り目の周りに乗せて使うのが基本です。ただ少なすぎると肌を強くこすってしまうため、伸びの悪いクリームは気持ち多めに使用しましょう。

いつ頃から効き始めますか

アンチエイジング系の化粧品は使った直後から効果が出るわけではないため、効果が出るまでに数か月から半年かかることもあります。個人差がありますので、まずは一か月試してみましょう。

まだ20代ですがケアしたほうがいいですか

結論を言うと、した方が良いです。20代だとメイク真っ盛りなので、アイライン等の影響で目が劣化し始めているかもしれません。20代専用の目元クリームも販売されているので、チェックしてみてください。

効果が出ないのですが何が原因ですか

ただ塗ればいいというわけではなく、クリームにしても他の化粧品にしても塗り方を誤れば効果を十分に感じることができなくなります。もし、それが原因なら塗り方を変えてみましょう。